スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「実録、そるとライブ!!」その2

今日は、初めて3人で歌った
「君の瞳に僕はいる」
です!!

この曲は僕が記憶する限り、初めて自分で作詞、作曲
した曲でもあります。
20歳過ぎころ曲を作って、当時組んでいた「三人組」と云うバンドで
演奏していました。
そして約20年たった今、あらためてアレンジを変えて(60年代フォーク調を加えて)
菅原啓介&とんとん丸で演奏してみました。
「すがとん」のバンドの個性が発揮されて、また新しい命が曲に吹き込まれた
と感じています。
当時の演奏を気に入ってくれている人にも、
新たに気に入ってもらえると嬉しいです。

では、
「君の瞳に僕はいる」
atそるとぴーなつ
菅原啓介&とんとん丸で、
どーーーぞーーー!!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

温井琴台さん

「ベストヒット USO」、ファンのみなさんに思い出を語っていただくコーナー。え~今回は、温井近台さん、ではこの曲をBackにヨロシクう。
 だいぶ古い出来事ですが、私にとって、お師匠はんとの大事な思い出です。お師匠はんが、「佐助、わての顔見んといて」言われ、私が、「どうして、お師匠はんのお言葉に逆らいましょうぞ。」と申し上げると、お師匠はんは一言「さよか」と。そして、沈黙の数分間。そのとき私は感じたんです。あー、お師匠はんの瞳に私がいるのを。そして病室が幸福感に満ち溢れていくのを。その後の私が自ら光を失うに至った経緯は、知られている通りです。亡きお師匠はんとよくこの聴いておりました。この曲を聴くたび、私の瞳には、お師匠はんの美しい顔が、輝きを失わずに映っています。

Re: 温井琴台さん

>谷崎潤一郎さん・・否、春琴抄からわざわざコメントありがとうございます。

名前が素晴らしい!あたたかい、琴の台・・・
春琴様にお仕えする人生に決められたあなたには
この名前しかなかったのではないでしょうか!!
さすがは、春琴様。

人生の光を失わないために、目を潰したあなたは
再び生きる光を得ることができたのでしょうか?

すみません、聴くまでもなかったですね。

では、またのコメントお待ちしてまーす!!



琴線に触れる

 温井氏の真意、すがわら氏のコメントで、初めて分かり、ぶるぶるう!CJ(コメントジョッキー)まだまだ力不足!「君の瞳に僕がいる」の歌詞の中の、「僕の上に君をのせたいーYeah!僕の上に」は、私は琴をのせる台、その台に、気高き琴(春琴様)を、どうかおのせ戴きたい、まさに温井氏の春琴様に対する偽らざる愛の形が表れている訳なんですねえ。後日、温井氏に、すがわら氏のコメントをお聞かせしたところ、甚く感じ入った様子。おもむろに、「この曲は」と尋ねられ、「アクロス・ザ・スニバース」に思いを寄せてお返事したいとの事。それじゃ、「アクロス・ザ・ユニバース」Check it out!
プロフィール

菅原啓介

Author:菅原啓介
月から落っこちたギターと僕。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。