スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵葉書

今日友人A氏から絵葉書届きました!
ありがとう!!
ピエール・ボナールの絵の葉書でした。
IMG_5225.jpg
葉書には、「本物はオーラを放っていた」と云う事と、
ユーチューブの代々木公園の「生活の柄」のビデオが
北野武監督の「菊次郎の夏」を思い出すとの事が書かれてありました。
北野映画でDVDを買ったのは、「菊次郎の夏」と「アキレスと亀」なので
やはり影響があったのでしょうか・・・

絵葉書と云えば部屋の壁に何枚か飾ってあるなぁ・・

写楽
写楽

カンディンスキー
カンディンスキー

俵屋宗達・本阿弥光悦
IMG_5228.jpg

自分で買ったのは、写楽と宗達・光悦。
カンディンスキーは昔にもらったものです。

なんとなく気にいって飾りっぱなしの3枚でした。

余談
先日、岸田劉生展に行って来ました。
写真だと風景画が好きで自宅近辺?代々木の風景などが
好きでした。今回は肖像画の展覧会だったので風景画は無かったのですが
自画像画などは写真では分からなかった迫力があり良かったです。

タッチとラインは油絵でも素描でも骨格となって作者が「真剣に楽しんでいる」
「真剣に苦しんでいる」「想像している」などの
感じが滲みでるのでやはり、本物を生で見るのが一番楽しいです。
楽しめるときが一番自分の勉強になる時なので貴重です。

友人A氏が実物はオーラを放っていると書いていたのには、
共感を覚えます。

「音のタッチ、音のライン」
これも同じだなと思いました。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅原啓介

Author:菅原啓介
月から落っこちたギターと僕。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。