スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真家 「金村 修」 

先日、22階、友人宅で写真家「金村修」について語った。

僕は初めて教えてもらって、写真集を見せてもらいまいました。
正直、その時は意外とサービス精神旺盛な写真家で
売れているのかと思い、「ちょっと色気を出し過ぎじゃない」みたいな
感想を僕が言うと、

友人いわく、全然真逆。
友人は金村修ワークショップにも行って話を聞いたが、全然売れないで
食うのに困っているくらい・・らしいです。

百聞一見にしかず・・
金村 修写真
金村 修写真 2 jpg

酒が抜けて、冷静になった今妙に気になりネットで写真を見ていました。
友人宅で見せてもらったワークショップの時の資料には哲学者「ドゥルーズ」の
言葉などが引用されていましたが、あまり頭で考えすぎずに見ると、なーんか
やはり気になるような・・

まだ、写真を見る目が肥えていないのでもっといろいろ見てみようと
思っています。

教えてくれてありがとー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

passenger

写真はどうも、分からんですな。「一見さん、お断り」みたいで、敷居が高いのよね。バリアフリーだ、ユニバーサルデザインだ言われているのに、写真界は、段差だらけ!写真弱者には厳しいぞ!

 「無節操でもいい、伝わってくれ~」

なんてのは、写真家にはなれないのかな?
(ジャンルが変わって、それは情熱家か?)

Re: passenger

>なるほどね、確かに。
サッカーでいうと昔のレッズの岡野みたいな人、ジュビロの中山??(笑)

逆に写真界では情熱家タイプが排除される傾向があるのかなぁ・・・
ちなみに、金村修は土門拳賞は貰っても、日本の写真界では相当鼻つまみに
されているらしい。

見た目が怖いからか・・・・笑
プロフィール

菅原啓介

Author:菅原啓介
月から落っこちたギターと僕。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。