スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連休だ。2曲続けてどーぞー!

利根川ロック源流へようこそ!

1990年頃特集~!
今日は2曲続けてみました。
テープにこの順番で入っていて、
繋がりが良かったので。

「ああもうだめだ」と
題名忘れました「ベース・カワカミの曲」
2曲です。

自分の作詞作曲の曲は題名忘れた場合、
勝手に今付けてしまうのですが(実は今回もそうです・・)
メンバー作詞だと勝手につけられません・・

ちなみに、今聞くと作詞作曲は結構共同作業で
作っていたのが分かります。

では、どーぞー!!
[高画質で再生]

ああもうだめだ+カワカミの曲 三人組 2曲ビデオ

[広告] VPS





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ヴィンテージ

 1989年、1990年ちょうど聴き頃を迎えております。間奏のギターソロ、そしてこの録音、この音、封を開けたときのこの心地。ヴィンテージならではの味わい。

「ああもうだめだ」 半音でマイナー展開が、冬の蛾ように。浮揚の兆し、ああもうだめだ!

「真夜中の太陽に突っ走れ」 確かにプリンス!はい、その通り、その通り!

追記:同じヴィンテージなので
「動力ブギー」 タイトル、動力ですよ!キロワットですよ!ジバゴのエンディングですよ!教えて~そんなにすごいの?解法の無い問いは、ありあまるエネルギーを持つ青年には必要。青年よ!無駄に消費せよ!枯渇したら、今度は掘り起こせ!さあ無闇に掘れ!俺は、あちこち穴ばかり掘っている。継続中だ。掘って掘ってまた掘って・・・

Re: ヴィンテージ

> このころのヴィンテージは濃い~ドロッとした果実の旨みがたっぷりで、熟成に時間がかかります。
約20年の時を経てやっと花開いたのでしょうか。しかし、いつまで経ってもサラッと上品な味にはならないのが利根川ロックの特徴です(笑)

さて、「動力」・・そう歯車を回す力。迸るエネルギー!!俺は20代に一回枯渇した・・。其処からは、吸収とコミュニケーションで動力を生むようにしている。ジバゴのエンディングに例えるなら、ダムから迸り出る水は湧いて出たのではなく、1滴の水を集めてきたものである。あの迸るエネルギーは快感であり一度味わうともうそれなしでは満足出来なくなってしまう魔力をもっているが、有れば生きている感じを十分味わう事が出来る。やっかいだなぁ・・・とも思う。
プロフィール

菅原啓介

Author:菅原啓介
月から落っこちたギターと僕。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。