スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸子の幸は何処にある・・

「幸子の幸は何処にある・・」
あがた森魚の「赤色エレジー」(1972年)の歌詞の一節。

あがた森魚のライブシーンを色々見たのですが、
テンションの高さが一貫してどの時代も振りきれているのが
凄いです!!
なかなかこんな人はいないと思いました。

また、60歳になっても声の艶が衰えない・・。

先日NHKのドキュメント番組で舞踏家との
コラボシーンを見たときも「赤色エレジー」
を歌っていたのですが、
同じ歌を何十年も歌い続けてもテンションが落ちない。
時代を越えるとは、こういう事を云うのでは・・と
思いました。

森進一の「おふくろさん」などを聴いても
同じことを思いました!!
リンクで。
赤色エレジー - あがた森魚



「おふくろさん」ではないですが、さっき見て凄いな・・
と聴き入ってしまった曲です。

サビの声が凄すぎる・・・・・・
場の空気を鷲掴み。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅原啓介

Author:菅原啓介
月から落っこちたギターと僕。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。