スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の続きで・・考えた。

昨日の小澤征爾さんのニュースを見ての感想の続きです。

それからまた考えたのですが、
音楽、またはそのほかの表現(芸術)の
目指すべき所は、まったくもって新しい新種の
生命体を作る事ではないかと。

ただ、産み落とされた新しい生命体は自我を持って
独り歩きするかもしれません。
親の心子知らず・・でしょうか。

なにはともあれ、
幽霊ではなくて、
影を持った(足を持った)
生きた表現をしなければと
今、僕は思うのです。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小澤征爾 入院

小澤征爾氏 食道がん「半年以内に戻る」 ‎20 時間前‎ 世界的指揮者の小澤征爾さん(74)が7日、都内で会見し、早期の食道がんであることを公表した。治療に専念するため6月末までの全公演をキャンセルし、活動を休止する。小澤さんは「皆?...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅原啓介

Author:菅原啓介
月から落っこちたギターと僕。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。